フィリピンがマドリッドプロトコルに加盟することになりました。
マドリッド条約85番目の加盟国になります。
本条約への加盟は2012年7月25日より効力を生じます。

マドリッドプロトコルは商標に関する国際条約の一つであり、加盟国のうち1カ国で登録商標を有していれば、その登録商標を基礎として加盟国全体に効力を有する商標登録を申請できる制度です。日本も加盟しており、日本で登録商標を保有している場合は、その商標につきフィリピンにおいても同様の保護を受けることが可能になります。

本件条約加盟によりフィリピンにおける、簡便かつ有効な知的財産の保護が図れるようになることが期待されます。

使用宣誓の必要性の有無、内容に関しましては現在調査中です。

本件に関する詳しい内容につきましては、下記問い合わせ先までお問い合わせください。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
本件に関するお問い合わせ先
株式会社ブライツコンサルティング
担当:豊田 脩二
E-Mail: tm@brights.jp
Tel:050-5536-4005  Fax:03-3523-0338
http://www.brightsconsulting.com/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ページトップへ