ドメインネームやIPアドレスの管理団体ICANN(Internet Corporation for assigned names and numbers)が、完全な国際機関になるための新たなステップを踏んだ。9月30日にICANNと米国商務省との共同合意書に署名したが、これによって、1998年ICANNが設立した時から予定されていた、アメリカ政府から独立が現実となった。

 以前ICANNはアメリカ政府に定期的に報告することを義務付けられていたが、これからの運用検討は、アメリカの代表も含めた100国以上の政府代表が参加するGAC(Group Advisory Committee)に行われるということだ。「Affirmation of Commitments」(委任に関する確約)というその合意書によると、GACはドメインネームの競争、DNSやそのデータのセキュリティ、そして一般ユーザーのICANNに関する意識を高める方法などを中心に討論する。ICANNへの積極的な参加の宣言したEU加盟国をはじめ、世界の様々な国がこの新しい動きを歓迎しているようだ。

 しかし、ICANNのアカウンタビリティーや、知的財産を守る義務について曖昧だと、Affirmation of Commitmentsを批判する声も上がっている。新gTLDsの導入が近づく中、これらの課題が特に重要になってくるはずなので、新しい管理制度がスムーズに行われ、GACが迅速に対応することが期待される。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【本件に関するお問い合わせ先】
株式会社ブライツコンサルティング
担当: ユスティナ・シフィオントコフスカ、クセーニヤ・ゴロウィナ、ジェイコブ・ウィリアムズ
E-Mail:dn@brights.jp
Tel:03-5652-7560  Fax:03-5652-7561
http://brights.jp/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ページトップへ