多言語ドメインの導入をはじめたロシアなどに続き、ヨーロッパ連合(EU)のTLD、「.eu」を管理するレジストリ「EURid」が.euの多言語ドメインの登録開始を発表しました。

 EUの27のメンバー国では23ヶ国語の公用語も使われており、その多くは英語以外の文字も使っているということで、特にEUにとっては多言語の導入は大事な動きだと、EURidは伝えています。

 使用できる文字は限られていますが、ギリシア語、ドイツ語、ルーマニア語、ブルガリア語など、23言語の文字が使えるようになります。(使用できる文字のフルリスト:http://www.eurid.eu/en/eu-domain-names/idns-eu/supported-unicode-characters

 既に登録されている「.eu」ドメインと見た目、発音などが類似している多言語ドメイン、例えば「bränd.eu」(ドイツ語の「ä」を使用したもの)、の登録規制はないということで、商標保護のための登録を検討する必要もあると考えられます。

 「.eu」多言語ドメインの登録要件は、現在の「.eu」の登録要件と変わりなく、ヨーロッパに住所のある個人や企業のみが登録できることになっています。

 登録受付開始は12月10日からで、Sunrise Period(優先登録期間)はありません。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【本件に関するお問い合わせ先】
株式会社ブライツコンサルティング
担当: ユスティナ・シフィオントコフスカ、クセーニヤ・ゴロウィナ、ジェイコブ・ウィリアムズ
E-Mail:dn@brights.jp
Tel:03-5652-7560  Fax:03-5652-7561
http://brights.jp/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ページトップへ