5月5日を持ってラテン文字以外の最初のIDN ccTLDsがDNSルートゾーンに追加され、使用可能となりました。

それらは:

エジプトのمصر (Misr)

サウジアラビアのالسعودية (AlSaudiah)

アラブ首長国連邦のامارات (Emarat)

です。

この3つの文字列の誕生は、IDN ccTLD Fast TrackというICANNによって2009年10月のICANNソウル会議で承認されたプログラムの導入結果です。IDN ccTLD Fast Trackは、より広い範囲の新gTLDsの取り組みの中、多言語の国名の申請をより早く審査するための特別な期間と言えます。

2009年11月16日をはじめとして、ICANNは11の代表的な言語について合計21の申請リクエストを受け付けてきました。13の申請は文字列評価という申請過程の第2ステップを無事にパスし、ファイナル段階であるTLDの委託のための政府による依頼手続きを行うことができます。

アラビア語は、IDN ccTLDとして使用可能なラテン文字以外の最初の言語となりました。中東におけるインターネットの使用は20%ですが、成長性は計り知れず、今後の発展の起爆剤と期待されています。上位の3つの文字列の導入によって、中東のインターネットユーザは母国語のみから成るドメインネームを登録することができ、インターネットへのアクセスはよりフレンドリーになります。

ちなみに、IDN ccTLDsの.emaratの下で登録された最初のドメインネームは、www.arabi.emaratです。興味深いことに、アラビア語の読み方は右から左へとなっていますので、アラビア語でのドメインネームの表示はwww.tarame.ibaraとなります:www.العربي. امارات

DNSルートに追加された上記3つの文字列の中で.emaratは、弊社新gTLDsパートナーであるAusregistry International社がレジストリサービスを提供しています。このことは、今後の新gTLDs運用の安心材料となりそうです。

次にDNSルートに追加される予定のIDN ccTLDは、キリル文字の.рф(委託済み)であるとICANNによって先日報告されており、事前登録を行ったドメインネームをすぐにお使いになられます。

参照:ICANNのホームページ

 http://www.icann.org/en/announcements/announcement-05may10-en.htm
 http://www.icann.org/en/minutes/prelim-report-22apr10-en.htm

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【本件に関するお問い合わせ先】
株式会社ブライツコンサルティング
担当:クセーニヤ・ゴロウィナ
E-Mail:dn@brights.jp
Tel:050-5536-4005  Fax:03-3523-0338
http://brightsconsulting.com/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ページトップへ