EU一般データ保護規則施行に伴うサービス変更の可能性について

お客様、お取引先様 各位

GMOブライツコンサルティング株式会社
代表取締役  中川 光昭

平素より弊社サービスをご利用頂き、誠にありがとうございます。

2018年5月25日よりEU一般データ保護規則(以下、GDPR)が施行されます。
GDPRは、EUに所在する個人の氏名、メールアドレス等の個人データについて、
EU域外の企業に対しても、その取り扱いの厳格化を求めております。

これに伴い、ICANNのWHOIS情報開示内容が制限され弊社が提供してまいりましたサービスにつきましても、
内容の変更を余儀なくされる可能性がございます。

現時点で影響が生じる可能性があると判明しているサービスは以下の通りでございます。

(対象サービス一覧)
・ワイルドカードネームサーチ
・オーナーシップサーチ
・オーディットコンサルティング(定期を含む)
・ドメインネーム奪還可能性評価
・警告状送付サポートサービス
・ドメインネーム譲渡交渉サポートサービス
・サイトテイクダウンサポートサービス
・ドメインネーム仲裁サポート

WHOISにおける情報開示内容制限の詳細につきましては、判明次第弊社ブログ”BRAND TODAY”(http://media.brightsconsulting.com/)にて
情報提供を行ってまいりますので、こちらをご参照いただけますと幸いでございます。

弊社では、GDPRおよびICANNの動向を正確に確認し、サービスへの影響を最小限に収めるとともに、
お客様、お取引先様に関係する事項については、適宜情報開示を行ってまいる所存でございます。