報道関係各位
プレスリリース

2010年4月27日
株式会社ブライツコンサルティング

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
株式会社ブライツコンサルティングはAusRegistry Internationalと
「新gTLD」申請開始に向け提携いたしました
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 世界中の商標権やドメインネームの取得・管理・コンサルティングを行い、ICANN(アイキャン)
公認レジストラである株式会社ブライツコンサルティング(所在地:中央区、代表取締役:
高津竜司、以下:ブライツコンサルティング)は、オーストラリアでトップレベルドメインの運用を
行うAusRegistry International(オースレジストリ インターナショナル、本社:オーストラリア
ビクトリア州、代表取締役アドリアン キンデリス、以下:ARI)と提携をしたことをお知らせ致します。

 ARIは、トップレベルドメインの運用分野で8年以上の実績があり、国際的に活動している
企業です。ARIの親会社であるAusRegistry Pty Ltd.はオーストラリアのccTLD(国別コード
トップレベルドメイン)である.auを160万件あまり運用しています。また、ARI自社ではアラブ首長
国連邦のccTLDである.aeとカタールのccTLDである.qaのレジストリプラットホームをゼロ
から立ち上げるなど、英語圏でない環境での実績も高く評価されています。その他にもナウルの
ccTLDである.nr、アラブ首長国連邦のIDN ccTLD(国際化国別コードトップレベルドメイ
ン)امارات.(.emarat)、新gTLDの.filmのレジストリサービスを提供し、そのローンチをアシスト
することを報告しております。

 本提携は、ICANN(アイキャン)がリリース予定の新gTLDによってトップレベルドメインを取得
する法人にドメインネーム登録サービスをよりよい環境で提供することを目的としています。
新gTLDの申請は、最新のレジストリ技術的装備やデータバックアップなど多くの厳しい技術
条件が要求され、業務的、財務的能力も徹底的に審査されます。中でも技術的能力は最も重要
視されています。

 ARIはICANNから求められている新gTLDの厳しい技術条件を全て満たしており、最新技術
スタンダードとして求められるDNSSEC (ドメインネームシステムセキュリティ拡張)、
IPv6(インターネットプロトコルバージョン6)なども手掛けています。今回の提携により、
ブライツコンサルティングは、日本の市場に最も適切で包括的なレジストリソリューションを工夫
してきた上で、新gTLD申請者はもちろん、その申請者の新gTLD文字列を使用するユーザーに、
安全かつ正確なインターネット環境の提供をすべく、さらなるサービス向上に努めてまいります。

■新gTLDとは
 現在「.com」に代表されるジェネリックトップレベルと「.jp」などの国別トップレベルに限定されず
に、「.eco」「.sushi」、また「.brights」(企業名)等のTLDのことを指します。2010年末か2011
年初頭と予想されている一定の申請期間にのみこの新gTLDの申請が可能となります。新gTLD
が実現すると、識別性が強く今まで存在しなかった濃密なマーケティングツールとなり自社に対す
る認識を強化されることが予測されます。

【会社概要】
会社名:AusRegistry International( http://www.ausregistry.com/ )
所在地:Level 8, 10 Queens Road Melbourne, Victoria 3004 Australia
設立:2003年11月 代表者名:アドリアン キンデリス

会社名:株式会社ブライツコンサルティング( http://brights.jp/ )
所在地:東京都中央区小伝馬町12-5 小伝馬町YSビル9F
設立:2004年1月7日  表者名:代表取締役 高津竜司
取引先:富士通株式会社、株式会社日立製作所 、東レ株式会社、本田技研工業株式会社、他約400社


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■本件に関する問合せ先
株式会社ブライツコンサルティング
東京都中央区日本橋小伝馬町12-5 9F
TEL:03-5652-7560  FAX:03-5652-7561
広報担当:秋元(あきもと)aki@c-bloom.jp、若杉(わかすぎ)waka@c-bloom.jp
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ページトップへ